美容整形手術後の腫れについて

高須クリニックのわきが治療の評判・口コミはどうでしょうか?

わきが・多汗症ナビ

美容整形最新ニュース

≫ 手術後のハレが早く引くにはどうしたらいい?

手術後の腫れが早く引くかどうかというのは、何よりも医者の手術の上手さが関係しています。

上手な医者であれば無駄な手術操作がなく、そのため、手術時間が短く、出血も少なくなるため、腫れが少なくて済むのです。

患者さんにとっては、リラックスした状態で手術してもらうことも重要です。
例えば二重まぶたの手術で、緊張して目に力を入れていたりすると、血圧が上がり、出血が多くなってしまい、結果として術後の腫れが強く出ます。リラックスできる環境と優しく接してくれるスタッフがいるかどうかも大切ですね。

また、少しでも腫れが出ないように局所麻酔薬の中に血管収縮薬であるエピネフリンやpH調節薬を混ぜたり、極細の注射針や縫合糸を使用しているクリニックもあります。

次に手術後に関する注意点としては、患部を冷やすこと(特に顔の手術の場合)、安静にすること、なるべく心臓より高く挙げることなどがあります。

埋没法や切開法などの二重まぶた手術や鼻の手術、顎の手術、フェイスリフトなどの顔の手術を例に説明すると、手術直後から翌日にかけてが一番腫れています。

直後は局所麻酔による腫れが強くあり、数時間で引いていくのですが、翌日になると今度は炎症による腫れが出てきて、そこから先は炎症による腫れが引いていくのを待つことになります。

炎症による腫れは特に最初の3日間が強いため、その間は、しっかり冷やして、心臓より高く挙げることが重要です。夜寝るときは完全に平らになるよりは少し頭を高くして寝たほうが腫れにくいです。

運動したり、お酒をたくさん飲んだり、サウナやお風呂に長時間入ったりすると血行が良くなって、腫れが強くなってしまいますので安静にしましょう。

また、氷やアイスノンなどをタオルでくるんで軽く患部を冷やすことも炎症をおさえます。ただし、直接患部を冷やすと、凍傷になってしまうことがありますので、タオルなどでくるみ冷やし過ぎないように注意しましょう。

特に最初の3日間が重要で、1週間ほど徹底していただくと、より腫れを抑えることができるでしょう。