わきがの原因・メカニズム

わきが・多汗症ナビ

わきがの原因・メカニズム

わきの下にはエクリン汗腺とアポクリン汗腺という2つの汗腺と、皮脂腺という分泌腺があります。わきがはこれら分泌液や皮膚の雑菌などとからんで生じるもので、単に汗が原因ではありません。

エクリン汗腺から出る汗は運動時や暑いときなどの体温調節のためのものです。臭いはなく99%が水分で、1%が塩。体温を発散・調節するという役目をもっています。
一方のアポクリン汗腺は粘り気があり、脂肪、鉄分、蛍光物質、アンモニアなどからできています。この汗自体はにおうものではありませんが、汗の成分が細菌によって分解されたときに独特の臭いを発します。もともとはフェロモンのように異性をひきつける働きがあったといわれています。(思春期頃まではアポクリン線が未発達のため臭いが目立ちません)

皮脂腺はアポクリン腺と同様に毛穴と直結しています。皮脂と呼ばれる脂肪分を分泌し、この皮脂の中に数種類の脂肪酸が含まれています。
これらエクリン汗腺、アポクリン汗腺、皮脂腺から出た汗や油分が混ざり合い、雑菌によって分解され、低脂肪酸やアンモニアなどに変化すると独特の臭いを放つわきがになります。

わきがに効果がある施術法